« 図解!鎖骨骨折時のベッドからの起き上がり方 | トップページ | 鎖骨骨折後13週間経過 »

2016年4月27日 (水)

リハビリ登山(大山)

16042701前回の星山に味を占めて今回は大山に行ってきました。

昨年の同じ頃に弥山の夏山登山コース
を登ったので、今回はユートピアコー
スを選びました。

夏山登山コースよりハードらしいので
すが、病み上がり(骨折)のため駄目そ
うなら帰ってくればいいと思って実行
に移しました。

実際、結構ハードでしたが小屋まで到達出来ました。ちょっと課題が残ったのですが。

16042702 金曜の夜に車中泊をして、6時起き。
7時過ぎには出発できました。殆どの
人が夏山コースに向かっていました。

ユートピアへは大神山神社の右奥から
入るのでまずは長い石畳の参道を進み
ます。

ここは、去年行者コース(元谷)の下り
で歩いたのでなじみがあります。不規
則な凸凹が下山で疲れた足にはなかな
か厳しいものがありました。

今回は往復ともここを通るので、帰りにちょっと辛い思いをするでしょう。

16042703 元谷と下宝珠越えの分岐を過ぎで沢道
を登って行くと元谷の砂防ダムへのコ
ンクリート舗装を横切ります。

ここから下宝珠越えへの本格的な道に
なる訳ですが、道らしきものは無く、
岩ゴロゴロの涸れ沢を登ります。それ
も急で長い。

例によって大汗でハーハーゼーゼーで
す。先が思いやられるとビビりました
が、ここが一番長い直登だったと思います。

16042704 何とか下宝珠越えに到着です。

この時期、木々に緑殆どがなく殺風景
ですが、その間から大山の北壁をずっ
と見ながら進むことになります。例に
よってガラガラ岩が落ちる音を聞きな
がら。

新緑の大山は見たことがありませんが
残雪の眺めもなかなかだと思います。

しかし、このコースを訪れる人は少なく、出会ったのは登りが3人、下りが4人でした。

16042705 これから徐々に登って行くと思ってい
たのですが、これが大間違い。

この先、下/中/上宝珠越えと続く訳で
すが、「越え」とはそこが低い峠になっていることを意味し、少なくとも3回登り下りすることを意味しているんですね。

実際はさらに登り下りがありました。それもかなりの高低差でなおかつガレ場やロープ場付きで。このルートは軍手類着用が正解です。

16042706 また、かなり危ないところもありまし
た。この時期、木に葉がないので下の
方までよく見え、恐怖がパワーアップ
です。落ちたら一巻の終わり。

一応、ロープが付いてはいるのですが
支えきれるかどうか。また、埋まって
いる岩が緩んで下手に乗ると落ちそう
なところも。

もし滑ってロープに掴まって全体重が
骨折側の片腕にかかった場合、鎖骨が再度折れてしまうので余計緊張しました。

16042707 消耗を強いる登り下りを繰り返し、や
っと下宝珠越えを過ぎるとユートピア
小屋が遥か上に見えます。

えー、まだあんなにあるの?と意気消
沈しつつ進みます。あそこに行くため
には、ガレ沢を横切る必要があります。

落石大丈夫かなあと思いましたが、小
さな沢だったのでササッと渡りました。
また、残雪の部分も少しありました。
今年は雪が少なかったので例年ならもう少し厳しいかも。

16042708 思った程大変ではなくユートピア小屋
に到着しました。骨の方も問題なし。

天狗ヶ峰方向に進もうとするも、予想
された立ち入り禁止の看板が何度か現
れますので、最後の看板で素直に諦め
振り返ります。

いい眺めです。ここからだと、三鈷峰
や振子山にも行ってみたくなります。

特に三鈷峰山頂は見晴らしが良さそうで帰りに寄ろうかとも考えたのですが登り下りに備えて体力を温存するため今回は見送りましたがこれが失敗でした。

16042709 帰りの砂滑りルートも事前情報どおり
立ち入り禁止となっていたので、素直
に来たルートで戻りました。

アップダウンがあるので、楽に帰して
貰えませんが、途中でお昼にしながら
無事大神山神社まで下りてきました。

下りになると靴の中で爪があたって痛
い部分があり、最後の石畳がきつかっ
たです。

ついでに、モンベル大山店に寄って、昨年売り切れだった大山Tシャツをチェック。ありました。何せ、大山店限定商品なので購入意欲をそそります。

で、Tシャツに書かれている山の名を見ると、弥山、剣ヶ峰、三鈷峰となっているじゃないですか。弥山は去年登ったし、剣ヶ峰は縦走禁止で行けず、残る三鈷峰は行けば行けたのです。うーん、残念。

次回は三鈷峰と決意したのですが、道程を考えると・・・。

|

« 図解!鎖骨骨折時のベッドからの起き上がり方 | トップページ | 鎖骨骨折後13週間経過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 図解!鎖骨骨折時のベッドからの起き上がり方 | トップページ | 鎖骨骨折後13週間経過 »