« 恒例!秀岳荘で買い物 | トップページ | 恐怖の宴会(葛島、千振島) »

2016年5月25日 (水)

バッテバテの初漕ぎ(豊島)

16052501_3骨折リハビリ登山の後、やっと今年の
初漕ぎに行ってきました。

最初は近場の京ノ上臈でお茶を濁そう
と思ったのですが、思いの外体調もい
いので久々に豊島に行ってみることに
しました。

片道16kmなので、問題ないだろうと判
断したのですが、残念ながらカヤック
用の体力は失われていました。

今回の目的地は3年半振りで、キャンプ地がどうなっているかも興味の対象でした。

行きは日の出から出艇して井島の鞍掛の鼻をかすめて、豊島の南岸沖を漕ぎ礼田崎を回ってキャンプ地に向かうルートです。

16052502_2 この時期は潮の関係から日の出から東
に向かうルートがメインになります。
それに、今日は大潮なので潮に乗れば
思い切り楽が出来ることになります。

今回は針屋さんと漕ぎます。一応病み
上がりなのでトラブル発生時はヘルプ
お願いしました。

漕ぎ始めてみると。肩の中がちょっと
引っ掛かるものの特に問題ありません。

井島を抜けて豊島沖になるも、景色がなかなか移動しません。GPSの速度も4km/h台前半です。

転流が早めなのかなあと思って居針屋さんに聞いてみると、「それって、バテているんじゃないですか?」の厳しい回答。

16052503_2 そんなバカなと思ってみたものの依然
舟が進みません。バテを認めざるを得
ない状況です。

図は行きと帰りのGPSによる速度比較
です(カシミール使用)。

行きは、良いところ無く4〜5km/hを
行ったり来たり。

礼田崎(貝塚で有名らしい)を回って穏やかな海域に入っても速度上がらず、疲れもどんどん増して行きました。

16052504_2 何とかキャンプ地に到着して慌ててテ
ントを張りました(画像は翌日)。

波で洗われたのか以前より地形が斜め
になっていました。ちょっと残念。

去年は4月に豊島の向こうの小豊島に
行って、体力的に特に問題なかったの
ですが、5月も下旬なのにこの体たら
く。

この冬〜春に運動の類が殆ど出来なかったのが原因でしょう。1才年を取った為じゃ無いよなあ。

16052505_2 キャンプ宴会中も体が痛だるくて辛く
何とビールを1缶未開封で残してしま
いました。

精神的肉体的に落ち込んだ心を明るく
してくれたのが、秀岳荘で買ったBDの
Apolloでした。

これ、ホント明るくヘッドランプなく
てもOKです。また、三本の足で安定感
もあり、買って正解でした。ちょっと
大柄で重いですがカヤックキャンプでは問題無しです。Mojiもサブ照明としてグッド。

日中は暑かったのですが、日が沈むと一気に冷えてきて、最後はダウンを着ることになりました。持って行くか迷ったんです。

16052506_2 明日の体力は大丈夫かなと思いつつ早
めに寝たのですが、夜中の1時過ぎに
目が覚めてしまい、それから目が冴え
て眠れなくなってしまいました。

朝方、ウトウトした感じです。上半身
がずーっとだるかったので、それが眠
りを妨げたのかも。

起床時間にテントから出てみると、フ
ライの内側は結露で、外側は夜露でビ
ショビショでした。この時期はどっち
かのはずなんですけどね。

今日も良い天気になりそうです。体のだるさも無くなり、若干の筋肉痛はありますが問題なく漕げそうなのが嬉しいです。帰りは豊島の反対側を進みます。

16052507_2 上のグラフにあるように、帰りは潮流
に乗って、快適に帰れました。空気も
スッキリで最高のカヤックでした。

潮流が井島にあたって四国側に流れる
ため舟も四国側に流されてしまうので
すが今回はバウを筏島より北に向けた
ので流されずに済みました。学習して
るんです。

日の出で撤収後、針屋さんのおごりで
全快祝いをしてくださることになり、イオンの明神丸で鰹を食べてきました。スッキリした味でホントうまかったです。「全快祝」って本人がするような気もしますが、この際、ご厚意に甘えさせていただきました。

今のところ骨折部に若干の違和感がありますが、まあ来週も漕げるでしょう・・・。

|

« 恒例!秀岳荘で買い物 | トップページ | 恐怖の宴会(葛島、千振島) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恒例!秀岳荘で買い物 | トップページ | 恐怖の宴会(葛島、千振島) »