« 最強の電子香取? | トップページ | ジムニーサンバイザー部品破損 »

2016年7月27日 (水)

いつものルートに落とし穴あり(本島)

16072701今回は本島に行ってきました。暑い日
が続いてバテ気味だったので、比較的
近い本島を選択しました。

キャンプ予定地は海水浴場の側なので
人の居なくなった夕方前に現地着、練
習してキャンプ、翌日は人が集まる前
に撤収というあっさりしたスケジュー
ルです。

当日も暑くて出艇準備が大変でした。
出艇前に海に浸かってクールダウンし
ます。最初は冷たいですが、慣れると
快適です。夏ですなあ。

昨年は3回本島に行ってますし、広島
や手島に行く時も使うのでなじみのあるルートで余裕の筈だったのですが?

16072702 今は下げ潮が始まったところです。

この先の六口島の東岸を抜けると、そ
の先で本島に向かう時に逆潮になって
辛くなるため、体力のあるうちに西岸
の逆潮を漕いで、後は楽をするという
作戦にしました。

今日は中潮なのでそこそこ強い潮波が
でる可能性があります。

海上に出ると薄曇りになり風もあるせいで涼しく、ここまでは非常に快適でした。

16072703 西岸の灯台のあるポイントではいつも
潮流に悩まされます。

出艇時はそれ程でもなかった波が核心
部に近づくにつれてどんどん高くなり
流れもきつくなってきました。

同僚も少し後ろで頑張っていますが、
お互いなかなか進みません。横に見え
る灯台がいつまでたっても同じ位置で
す。潮流のピークに当たった感じで、
手を休める暇もありません。

亀の歩みで岬を回りきって入り江で小休止したものの、着いて来たはずの同僚の姿が見えません。

16072704 どうも、先程の波の中で玉砕したよう
です。

漕ぎ上がった岬を戻ってあたりを見回
しても何も見えません。浜にも上がっ
た気配もありません。一進一退の状況
に疲れて帰った? そんな訳ないか。

良ーく見ると、遠くに白い帽子が水面
浮かんでいるのが分かったので駆けつ
けます。

デッキを洗う横波を受け、1度は持ちこたえたものの、2度目は耐えられなかったとのこと。ロールも3回試みたが上がらず、やむなく沈脱。浜に上がるには距離があるので漂いながら様子を見ていたところでした。

舟の水抜きをして再乗艇し一件落着。ここで気がついたのですが、キャンプ道具満載の舟を水抜きのためデッキに載せるのは結構大変でした。こう言ったケースもシミュレートしておく必要がありそうです。

16072705 ロールに失敗して悔しがる同僚と再び
西岸に向かいます。波は時間とともに
随分治まっていました。

灯台を眺めて苦戦していた時に、灯台
と岸の間は波が無かったことを思い出
し、波の影響のない岸ベタ作戦で行く
ことにしました。

隠岩に気をつける必要がありますが、
こちらの方が楽だと思われます。もち
ろん逆潮ですが。

えー、彼の名誉のために書きますが、今までにもツーリング中に沈してますが、ちゃんとロールで上がっていたんですよ。

16072706 潮に流されながら本島到着。海水浴客
はほとんど居ませんでした(もともと
居なかったのかも)。取りあえず、荷
を下ろして練習開始です。

しかし、先程の漕ぎ上がりと、金曜の
力仕事で疲れが残っていたためか調子
はイマイチでハンドはダメでした。

同僚も精神的ダメージで絶不調でした
が徐々に勘を取り戻したようでした。

セルフレスキューも色々試しましたが、リエントリーロールが一番楽だったなあ。水抜き必要ですが。

その後、テントを張って待ちに待ったキンキンに冷えたビール作戦です。もう、最高に旨かったです。本日の苦闘が報われる瞬間です。

16072707 今年の夏、昼は暑いですが、夜になる
と気温が下がり、熱帯夜にはならない
のが有り難いです。

当日の宴会も快適でしたし、テントも
シュラフなして丁度いい感じでした。

そうそう、STRONTEC蚊取りも試しまし
た。蚊にはやられませんでしたが、風
があるためすぐ近くに置いたのが効い
たのかも。要経過観察です。

翌朝も少し練習したのですが、疲れが溜まっていて下半身が動かず、ショートロールに失敗する始末でそそくさと終了。同僚はいい感じを取り戻したようです。

16072708 帰りはあのいやらしい六口島の西岸を
回避して東岸を回ります。

ただ、今度は上げ潮なので東岸を回り
込むまでは、逆潮です。

西岸の時ほどひどくはないと高をくく
っていたのですが、結構強い。昨日同
様悪いタイミングに当たったようです。

マジ漕ぎしていると、海の上なのに何
故か虻がたかってきました。そのうち腕に痛みが。やられました。まあ、虻にとっては止まっているようなスピードしか出てなかったでしょうから。しかし、漕ぐのを止める訳にもいかず出艇地までじっと我慢です。

16072709 何とか出艇地に戻って、手遅れだろう
なあと思いながらポイズンリムーバで
患部吸引、エタノール洗浄、ムヒアル
ファEX塗布を行いました。

そして、舟を車に積んでいる時にまた
足を虻にやられました! この時は速
攻で同じ処置を実施。

1日経って、腕は少し腫れていますが
多少は効果があった模様。足の方は痒
くならず良好のようです。ポイズンリムーバ無きアウトドアはあり得ません。

六口島の西岸は潮の変化が急で、何時行っても苦しめられますが、辛さを忘れてつい行ってしまうんだよなあ・・・。

|

« 最強の電子香取? | トップページ | ジムニーサンバイザー部品破損 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最強の電子香取? | トップページ | ジムニーサンバイザー部品破損 »