« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月28日 (水)

ジムニースタッドレス新規交換

16122801ジムニーのスタッドレスタイヤを新し
いものに交換しました。

以前のタイヤはYOKOHAMAのGEOLANDAR
I/T-Sで2012年末購入でした。

性能的には1世代前と言った感じで雪
上では問題ないのですが、履いてまも
なくアイスバーンで大滑りして冷や汗
をかくことがありました。

アイスバーンには注意しながら乗っていましたが、今シーズンで5年目突入してしまうので、さすがに限界であろうと今年は夏タイヤに履き替えずに履きつぶすことにしました。

16122802 これが、新スタッドレスにする直前の
状態です。

春から秋まで4,500km位走りましたが
まだ、7分山くらいで硬化も感じられず
夏タイヤとしてまだまだ使えそうな感
触ではあります。

スタッドレスを夏タイヤとして使った
場合の問題として、制動距離、コーナリング速度の限界低下(特に濡れた路面)が言われていますが、まあ、普通の運転をしている分には問題ないようです。

来年の夏タイヤに使って終わりでしょうか。

16122803 今回買ったのは、出たてのYOKOHAMAの
iceGUARD SUV G075です。

ジムニー用のスタッドレスを探すとサ
イズが合うのが少ないのですが、これ
は問題なし。iceGUARDの評判もいいよ
うで、今年新登場なのでこれにしまし
た。

今年は意外に雪が少なく、氷ノ山に行
ったときにちょっと役立った程度で、性能については、これからだんだん分かって来ると思います。

最近の車は横滑り防止機能とか安全機能がいろいろ付いていますが、ジムニーはABS止まりなので、せめてタイヤだけでも性能の良いものにしておいた方が安心かと・・・。

| | コメント (0)

2016年12月22日 (木)

テレマーク練習1回目(氷ノ山)

16122101遂に今シーズンのテレマークスキーの
練習を開始しました。

昨年は全然雪が降らず、やっと降った
と思ったら早々に怪我をして終了と悲
しいシーズンでした。

今年は、大雪のニュースがあったりで
雪国の方には申し訳ないですが、大い
に気合いが入っています。

ホームグラウンドの恩原高原スキー場のオープンは来週なので、1週早い若桜氷ノ山スキー場に決めました。

オープン当日、スキー場への山道を車で登って行くと、時々スキー関係と覚しき車が下ってきます。道端の雪の少なさに嫌な予感がしていましたが、予感は的中。リフトが動いていません。

アルパインゲレンデの方でリフトを動かすという事ですが、出鼻をくじかれてもう帰ろうかと暫く悩んでいるました。それでも、駐車場に居た人がためらわずにゲレンデに向かって行くので、気乗りしないながらも自分も向かうことにしました。

16122103 これはえらく混むぞと思ったのですが
そこまでして滑りたい人は少なく、リ
フト待ちはありませんでした。

大半は若いボーダーです。ゲレンデは
20cm位の湿雪で非常に滑りにくい状態
でした。

そんな状況なため、みんな同じ所を滑
り、狭い範囲で雪が均され土も出て来
て滑りにくそう。うまい人ははずれの湿った新雪をスイスイ滑っていきます。

ゲレンデの下の方は各所に土が出て来ていて迂回が必要でした。

16122102_2 実は板を新調したので、これが試した
いばかりに片道4時間かけてやって来
たのですが、デビューには過酷なコン
ディションです

板はG3のFINDr86と言う板で、前の板
より軽く、フロントがセミロッカー仕
様なので曲がりやすいのではないかと
の期待を込めて買いました。

しかし、新品を地面が出ている状況で
使うためらいはあったのですが、ここまで来たら滑るしかないです。

まあ、こんなコンディションですから
滑るのが精一杯でインプレッションは次回に。雪が慣らされたところは狭いので避けて、新雪の所に逃げるわけですが雪の抵抗が凄く、2~3ターンでヘトヘトになり暫く休んでまた滑るの繰り返しでした。

足もガクガクで、5本くらいで終了としました。でも、滑り終わってみれば、いい経験になったと納得しています。

16122104 で、帰りに恩原を見に行ったのですが、
氷ノ山よりずっと雪が多いです。ここ
なら、リフトも動かせるのでは?

正面の斜面にジグザクで登った跡と滑
った跡が2本位ありました。物好きが
いるんですね。

ただ、天気予報では今後暖気が続くの
で、更なる降雪がない限り、オープン
は厳しいかも知れません。

頑張って氷ノ山まで行った甲斐があったと言うことにしておきます。本格的練習は正月明けかなあ・・・。

| | コメント (0)

2016年12月14日 (水)

師走キャンプ(京ノ上臈島)

16121401最近の寒さでカヤックキャンプも限界
かと思っていたのですが、針屋さんか
らの誘いもあり、一念発起して週末キ
ャンプを実行に移しました。場所は日
の出の浜から最短の京ノ上臈島です。

と言っても、土曜は15時頃まで用事が
り、それから現地に行って出艇準備が
完了するのは早くても16時半頃。日没
は16時54分なので猶予は30分程度しかありません。

今までに無いスピードで荷造りしたもののハッチカバーを巻き込んで詰め込んだことが判明して荷物入れ直したりもあって、出艇したのが16時半頃でした。

16121402 必死に漕いで日没ギリギリに島に到着。中潮の割には流れがあって若干苦戦しました。

まずは、着替えて(ドライパンツをは
いていたのでそのまま脱ぐだけでOK)
テントを張ります。シュラフ等のセッ
ティングが終わった時には薄暗くなっ
ていました。

夜は覚悟していたほど寒くはなく、焚き火にあたりながら宴会を楽しむことができました。針屋さんの麻婆豆腐もいい塩梅でした。

16121403 21時過ぎにはテントに入りました。た
だ夜中に雨が降り出し暫く降っていま
した。天気予報じゃそんなことは言っ
てなかったはず。夜中だけで良かった
ですが。

今回はダウンハガーの#1を持ってきた
ので、寒さ知らずでした。そうそう、
モンベルの枕も問題ありませんでした。

寝たり起きたりを繰り返しているうち
に、7時頃やっと明るくなってきたのでテントから出てみると、カヤックの表面が白くなり、干した衣類も凍っていました。結構冷え込んだようです。

16121404 外に出て朝食をとるにはまだ寒いので
テントの中で準備を始めました。

今回は久々にユニフレームのコンパク
トパワーヒータ持ってきました。完全
オープンでは手を温めることしか使え
ませんが、テントに近づけると多少暖
かいです。ただ、転倒により穴が開く
可能性があるので、プレートを用意し
た方がいいようです。

同メーカーでケースに入ったハンディーガスヒータもあるのですが、さすがに大きく、カヤックでは厳しいでしょう。

この後、荷造りして牛ヶ首島を回って日の出に帰りました。

慌ただしいカヤックキャンプでしたが、最満足でした。しかし、未だに部屋の中が焚き火臭い・・・。

| | コメント (0)

2016年12月 7日 (水)

空気枕新調

16120701風邪ひいたりその他の用事で書くのはお
休みしておりました。

カヤックも乗っていないのですが、アウ
トドアグッズグッズに関する物欲は衰え
ていません。

小物の話ですが、モンベルの空気枕を買いました。

以前、イスカのものがダメになったので同メーカーのCozy Pillowに買い換えました。

しかし、最近、使っているとどんどん萎んで首が痛くなり目が覚めるのです。

孔を探してシームグリップで塞いで漏れを確認すると他にも孔があるという事の繰り返しで一向に埒があかないのです。材質の劣化?

16120702 枕はアウトドアで安眠が得られる重要
なグッズですので、買い換えを決意し
ました。

どうもイスカのインフレータブルグッ
ズには不安を覚えるようになったので
今までの経験で、全面的信用のできる
サーマレストが妥当だと思ったのです
が現物がないので、モンベルのものは
どうか見に行きました。

枕自体は、畳んだ状態では非常にコンパクトです。その分、生地がペラペラなので非常にチープな印象でした。それに、スポンジが入っていないので、膨らますのに大量の空気が必要なことが判明しました。

16120703 で、展示品にはフリース地の枕カバー
が別売りで付くようになっていました。

これが、良さげなのです。枕が汚れる
ので今まではタオルを巻いていたので
すが、ズレたりでイマイチでした。

これなら、ずれも無く、外せば洗える
しで、購入に踏み切りました。2つ合
わせると結構な金額になりましたが。

枕自体は前述のようにペラペラで耐久性に不安がありますが、これがダメになったらサーマレストの空気枕+モンベル枕カバーで最強でしょう・・・。

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »