« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月26日 (木)

テレマーク練習3回目(恩原高原)

17012501最近、画像の割に文章が長過ぎるので
すが、スキーにiPhoneしか持って行っ
てないため撮るのが大変なんです。取
扱もデリーケートだし、電池はすぐな
くなるしで。今後、カメラを使うよう
努力しますのでご了承下さい。

先週に引き続きスキーに行ってきまし
た。恩原もやっと雪が積もって全リフ
ト運転です。

氷ノ山の時と同じで、土曜5時起きで出発しました。6時頃だと道が混み始めるんですよね。それでも、遅っそいトラックなんかが居たりして、レイクサイドゲレンデに着いたのが8時半頃で、支度をして滑り始めたのが9時過ぎでした。土曜のせいか結構すいていました(日曜は家族連れがいっぱい)。

滑り出すと、先週の疲れが残っているのかぎこちない感じでした。天気は雪が降ったり止んだりで雪質は最高でした。レイクサイドで前回の復習をしてパノラマに向かいます。

パノラマ正面のゲレンデも無難にこなして(雪質がいいのでスピードが出過ぎず滑りやすい)、昨年の骨折現場と思われる場所へ。多方面にご迷惑をお掛けしまた。

17012502 今年の課題は狭い急斜面でもターンで
無難に下りてこられることです。

そこで、画像では分かりにくいですが
初心者ゲレンデの殆ど誰も滑っていな
い狭い部分で練習を敢行しました。多
分、リフトに乗っている人は、「毎回
あの人何やってんだろう?」と思って
いたのでは。恐らく20~30回は滑りま
したから。

滑り初めて左→右と曲がると次の左ターンまでが下っていて加速するため非常に曲がりにくいのです。そこを中途半端に曲がるとさらに加速してその後のターンがメロメロ→コースアウトとなる訳です。まあ、その下が緩斜面なので無理に回転を入れずとも行けるので、普通の人は「あの人の何やってるの?」となる訳です。

そこで得られた結論は、ターン時の上下動にメリハリをつければいいかな?程度でした。その後、レイクサイドの狭い急斜面にチャレンジするも、すべて玉砕でした。

17012503 翌日は、車中泊後どうするかを考えた
のですが、ここはもう少し練習をする
ことにして再びスキー場に向かいまし
た。

実は三国山方面に偵察に行く考えもあ
ったのですが、画像の様に雪が思いの
他積もっていないのです。ブッシュは
一応埋まりつつありますがまだまだ反
発力があります。杭も50cm位出ていま
す。まともに歩くためにはもうひと降り必要です。

ロッジでマムートのウェアとザックで決めていた人が居て、何事かと思ったらモンベルのスノーシューツアー参加者でした。雪も降ってるし、今日はあまり条件が良くないと思いますよ。

17012504 ところで、肝心の滑りの話ですが、前
日の滑りの反省を元にもう少し斜面に
対して垂直に伸び上がったら小回りが
効くのではと思って、パノラマの裏斜
面の端っこでやってみました。これが
結構うまく行くんです。新スキー板の
せいかも知れませんが。

今まではターン後半に後ろスキーを脚
で引きつけるようにしていたのですが
スキーがついてこなくて内エッジが引
っ掛かって転んだりしていました。

ところが、ターン直前に少し伸び上がると後ろスキーもついて来て小回りができるのです。スキーが揃ってないので綺麗とは言えませんが、実質重視で。

最後に、前述のレイクサイド第2リフト上から第1に行く狭い急斜面を下りたのですが、ドタバタせずに下りれました。大収穫です。今後この辺をもう少し詰めて行きたいと思います。

恩原方面、日曜の夜から大雪になったので、スキーにもスノートレッキングも最高だと思います。年休取って行きたいなあ・・・。

| | コメント (0)

2017年1月19日 (木)

テレマーク練習2回目(氷ノ山)

17011801_2 年末は北海道に帰らなかったので、ス
キーにも、恒例の秀岳荘にも行けませ
んでした。そのためブログネタもなく
更新が遅れました。

東日本は大雪なのですが、県北はなか
なか雪が降らず、恩原もオープンでき
ない日々が続いていました。

しかし、今週末は強い冬型となり県北
にも大雪注意報が出ています。残念な
がら恩原方面は積もっても日曜日なので、先に雪の積もり始めた氷ノ山に行くことにしました。

土曜朝5時半に出たのに、途中の雪道でノロノロ運転に巻き込まれたりで、国道29号から氷ノ山の入口の道に折れたのが10時過ぎ。ところが、去年と同じくスキー場から引き返して来たような車とすれ違います。

嫌な予感がします。リフトが動いていない? いや、雪は降ってますがそこまで荒れてはいません。行ってみると有料駐車場が満車です。こんな天候でに来る物好きも結構居るもんです。自分を含めて。

スキー帰りの人を待つ手もありますが、10時半では時間的に中途半端です。結局、かなり下にあるの除雪していない無料駐車場に駐めることにしました。

画像は駐車場に戻って来た時のジムニーの状態です。積もった雪を脚でのけて道を作り、問題なく脱出できたのですが、同僚のFF車はかなり難儀しました。

17011802 話戻って、リフト乗り場に向かいます。
基本的に吹雪と言っていい状態でしょ
う。スキー担いでの登りで体力を消耗
しました。

ロマンスコースで足慣らしして、パノ
ラマコースに向かいますが地吹雪状態
で、まともに滑れません。ロマンスに
戻ります。

ロッジで暖をとりながら昼食&作戦会
議です。ロマンスもマンネリ気味なのでアルパインコースに徒歩で向かうことにしました。

途中で車がスタックしていたり、スキー板が風で飛ばされそうになったりで、また嫌な予感します。

で、着いてみると画像の様にロマンスの状況を上回る大荒れ状態で、視界も10m未満です。

リフトで上に着くとさらにさらに視界は悪化。滑り始めて分かりました。これがホワイトアウトの状況だと。自分がどこに向かっているのか全然分かりません。滑っているのか止まっているのかすら分からないのですから。

やっとの思いでロッジに辿り着き、逃げ込んでぜんざいを注文。ちょっと高かったですが、餅もたっぶり入っていて満足の一品でした。その後、リフトも止まってしまったので、滑って帰れずここでも体力を消耗する羽目に陥りました。まだ動いているロマンスで少し滑ってその日は終了です。

17011803 翌日も雪の状況は若干良くなった程度
でした。風がだいぶ収まったのが有り
難いです。

で、滑りに関してはシーズンインだっ
たのですぐに疲れが出て雑になってし
まったものの、前シーズンの状態を維
持しているようでした。

特に初日はターンで後ろ足の押さえが
効いて安定して回れましたが、翌日は疲れもあってか全然でした。

新しい板のFINDrは軽く、素直な反応で引っ掛かることもなく、今までの板で一番いい感じでした。今後が楽しみです。

天候は最悪でしたが滑りとしては無難なスタートになったようで・・・。

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »