10. その他

2014年7月 3日 (木)

ダニ! !>>>ヒル >ブヨ >虻 >蚊

14070201先週末は諸般の事情でカヤック漕げま
せんでした。そこで別の話題です。

ちょっと前の話ですが、北海道に帰っ
た時に、山に登ってきました。

最初は支笏湖のそばのイチャンコッペ
山に行ったのですが、霧雨(札幌方面
が天気が良くてもここは悪いことが多
い)のため戻って来て、時間も無いの
で、名前は凄いですが、里山といった
感じの藤野マナスルに行きました。

超マイナーなためか、人一人分の道があるだけで、所々草が被さっています。そこを過ぎると、同行者がズボンにダニ(マダニの類と思われる)が数匹へばり付いているのを発見しました。

確かに自分のズボンにも付いています。こんな里山にも居るとは全くの予想外でした。出会いはありませんでしたが野生動物が多いということなのでしょうか。

14070202 山頂も短時間で済ませて(眺望無し)下山し、ズボンにダニが付いていないことを確認して、車で戻りました。車に乗ってかなり時間がたってから右足の膝の裏にチクッと痛みが走りました。

「もしかして」とズボンを捲り上げると、しっかり食いついて居るではないですか。焦って頭が残らないように引き抜きました。ショック!遂にやられてしまいました。ズボンの裾から潜り込んだと思われます。

心配になり、家に戻ってズボンを脱いで確認してみると、左太ももの上にも1匹居るじゃありませんか。食いついきかけて慌てて逃げるところでした。その後、最強のムヒαEXを塗りたくりましたが大きく腫れることはありませんでした。

気になるのは、最近死亡者も出ている感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」です! まあ、感染自体が希で、かつ西日本が主で東日本では患者が出ていないので、北海道は大丈夫でしょうと病院には行きませんでした。日曜日だったし。

で、潜伏期間である6日〜2週間を過ぎても特に発熱することはなく無事でした。大丈夫と自分に言い聞かせていましたが、やはり不安な気持ちはありました。最終的に皮膚科にも行ったのですが、症状が出る迄は何もできないとのことで状況は変わりませんでした。発熱などの症状が出たら即病院に行くのが最善の方法のようです。

こんなことならあの気色悪いヒルにやられた方がマシだったかも。これから山行はスパッツ絶対着用だなあ・・・。

| | コメント (0)

2014年3月 2日 (日)

PENTAXでシーカヤック動画

14030201 Nikonの防水デジイチはサイズの関係から諦めたものの、時期防水コンデジのチェックはしていました。

3月中旬にPENTAXからWG-4 が出るとのことでHPを確認してみると、「アクセサリー」 ページでシーカヤックの動画がありました。ウォーターフィールドのカヤックなので日本で撮ったもので、場所はお手軽なところで三浦半島かなあ? 

レンズもF2.0だし、アクセサリー共々欲しくなりました。まあ、今のAW100でも大きな不満はないのですが、物欲が・・・。



| | コメント (0)

2013年6月12日 (水)

iMacの外付けHDD容量アップ

13061201最近、週末出張が多くてカヤックに乗
れてません。その中で、iMacの外付け
HDDの容量アップをやって「はまり」
ました。

私のiMacは120GBのSSDと1TBHDD
内蔵のFusionDriveなのですが、デー
タ用やTimeMachine用に外付けHDD
を使っています。機種は、I-O DATA
のHDCN-UEで、もうずいぶん前の機
種ですが特徴としてFireWire800とUS
B2.0で接続ができます。FireWire800
もThunderboltが出て風前の灯火ですがThunderbolt→FireWire800コネクタを使って現役で活躍しています。ACアダプタ内蔵でコンセント回りもスッキリするところも気に入ってます。

13061202 現在その外付けを2台を使っていて、
片方は500GBから2TBにHDDを交換して
います。今回もう1台のHDDを1TB→3TB
にアップグレードすることにしました。

HDDの交換は経験済みなので、3TBの
HDDを買ってサクッと交換してiMacに
繋いでみると何と801.57MBしか認識し
ません。で、ネットで調べてみると、
HDDの問題では無くインターフェース
が古いためらしいことが判明しました。

13061203 さて、どうするかですが、テレビ視聴
&カシミール用に使っているWindows7
PCに設置して、新たにiMac用の外付け
HDDを買い直そうとも思ったんですが、
WinPCを3TBにする必然性も無く、コス
トも嵩むのでUSB3.0のHDDケースを買
ってiMacに繋ぐことにしました。

コストミニマムということで、玄人志
向のケース(2470円也)にしました。本
当は白色が欲しかったんですけどね。

13061204 で、3TBHDDを入れて繋いでみましたが
問題なく3TBを認識して使うことがで
きました。

ついでに、Xbenchiで転送速度を計測
してみました。

HDDの特性や容量の状態で同じ条件で
はないと思いますが、取りあえず、
Thunderbolt経由FireWire800接続とU
SB3.0接続の比較です。





<FireWire800 外付けHDD>

Drive Type        I-O DATA HDCN-UE
Disk Test    57.07   
Sequential    93.87   
Uncached Write    147.35    90.47 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write    88.64    50.15 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read    55.86    16.35 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read    150.56    75.67 MB/sec [256K blocks]
Random    40.99   
Uncached Write    13.17    1.39 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write    177.78    56.91 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read    101.86    0.72 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read    161.73    30.01 MB/sec [256K blocks]

<USB3.0 外付けHDD>

Drive Type        WDC WD30 EZRX-00DC0B0
Disk Test    65.93   
Sequential    57.28   
Uncached Write    19.94    12.24 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write    235.71    133.37 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read    81.87    23.96 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read    309.50    155.55 MB/sec [256K blocks]
Random    77.66   
Uncached Write    27.36    2.90 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write    395.86    126.73 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read    125.93    0.89 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read    222.29    41.25 MB/sec [256K blocks]

となりました。総合スコアが57.07 vs 65.93とあまり差が出ていません。スコアを良く見るとUSB3.0のSequential Uncached Write 4K blocksが異常に遅く、これが足を引っ張っています。原因は良くわかりませんが、これを除けばUSB3.0で1.5〜2倍くらい速くなるということでしょうか。この程度の差なら大容量コピーを行わない限りFireWire800もまだ現役で使えそうです・・・。

| | コメント (0)

2013年6月 5日 (水)

カヤックと五十肩

130605012去年の4月頃から左肩に痛みを感じる
ようになりました。最初は久しぶりに
カヤックを漕いだためかと思っていま
した。

ところが、痛みが引くことはなく少し
ずつ悪化していきました。ところがカ
ヤックを漕ぐ分には全く問題ないんで
漕いでました。ただ、左側のロール練
習をすると痛みが出るときがあるので
控えていました。

で、分かってきたのが、肩をオレンジ線の方向に開くと痛いんです。特に画像の様に腕を曲げた状態で開くと最悪です。夏頃には車をバックさせる時に振り向いて左腕を助手席のシートバックに乗せると激痛が走りました。そして、日常生活にもいろいろな影響が出てきます。まず、服を着るために袖に腕を通すのが苦痛になります。そして、寝返りにも制限が出てきます。辛い。

半年後の11月頃が痛みのピークで、肩を開くようにぶつけたりすると痛みでその場から動けない状態でした。カヤックではドライスーツ着用が涙もの。パドルを使うのは問題無いのがホント不思議です。

そして、1年経ったのですが、8割くらい回復しました。服の脱ぎ着ではまだ少し痛みがあります。腕を真上に上げるのもちょっと辛いです。車のバックは問題なし。

肩は結構使っているので、五十肩なんてと思っていたんですが、なるときはなるんですね。対処法は無理のない範囲で動かしていると(入浴時が楽)、時間が解決してくれるとしか言えませんね。ただ、完治までにはあと半年〜1年位かかりそうです。

カヤックを漕いでいて悪化するということは無かったので、私と同じ症状が出た人は気にせず漕ぎましょう。明日は我が身かも・・・。

| | コメント (0)

2012年12月26日 (水)

UUD地図のゴースト道路、その後

12101000以前、UUDの地図のゴースト道路について書きましたが、問い合わせに対して今ひとつ要領を得ない回答が1度来たきりで、そのままになっていました。

2ヶ月ぶりに詳しい回答が来ましたので紹介します。

「道路地図は、『住友電工製全国デジタル道路地図データベース』を利用しています」となっていますが、そのデータベースが何者なのかが回答の中にありました。

地図の提供元から「道路管理を行っている行政機関が道路管理台帳に道路として 登録しているため、実際には道路ではなく登山道にも関わらず地図に掲載されてしまっている」の回答があったとのことです。

実際は登山道すら無いんですが、「道路管理台帳」には道が書かれているんですね。この「道路管理台帳」は2万5千分の1の地図よりはるかに詳しいんですが、行政機関が中止となった計画道路を消さないでそのまま残しているものと思われます。

現在修正を依頼中で、それなりの対応をしてもらったので、地図への反映は時間がかかりそうですが、取りあえず満足しています。

バージョンアップ(V4-->V5)版のmicroSDカード版を買って、旧地図のmicroSDカードをGPS MAP62SからMAP76CSxへドミノ移植しようかと考え中です。

さて、もうすぐ今年も終わりですが、年末休暇のため更新が遅れます。来年もボチボチ書いていきますのでお付き合いお願いします・・・。

| | コメント (0)

2012年4月 4日 (水)

iMac液晶パネル完全分解

Imacmonitor_2 Mac miniにメインマシンの座を譲ったiMac(early 2008)ですが、モニタの鮮やかさといい、まだまだ使えます。

iMacの欠点として液晶部の曇りがあります。私の場合も使うにつれて画面の端が曇ってきました。画像の赤丸内で、画面が明るいとけっこう気になります。

セカンドマシンになったこともあり、バラしてこの汚れを取ることを決意しました。

以前、ハードディスクを交換した時に前面のガラスパネルや液晶パネルの表面を拭いたのですが効果はなく、パネルを完全分解して拭く必要がなあと常々考えていました。

12040401 例によってガラスパネルを外し、ネジを外して前面パネルを取ります。







12040402 ここで、アクシデント。

ガラスパネルを止めているピンに指が当たって取れました。慌ててボンドで接着したのですが、結局取れてしまいました。

瞬間接着剤の類がいいかも知れません。


12040403 液晶パネルに繋がっているケーブルを外します。いずれも小さいので気を遣います。







12040404 液晶パネルが取れました。

これからパネルをバラすのですが、ネットでもなかなか情報がありません。自力でやるしかありません。




12040405 液晶パネルの周りはスポンジテープや透明テープで止められているので、剥がしてネジを緩めます。









12040406 テープを剥がしますが、元の状態に復活させることは不可能です。

このあたりで、もう、どうでもいいような気分になってきました。






12040407 遂にパネルを分解することができました。

実はここまで至るのに30分以上かかっています。

文章で書くのは難しいのですが、パネルの一部を外すことによって、全体が外れる知恵の輪状態で、どっと疲れました。





12040408 液晶パネルの枠が外れました。

パネルに指紋を付けるなと書かれていますが、もうそれどころではありません。

ベタベタです。




12040409 パネルはスモークガラス(ここが液晶部?)と銀色パネルに分割できます。

おそらく、銀色に部分はバックライトを拡散させるものだと思われます。





12040410 ガラス部には何か良くわからない配線が付いています。

まあ、このガラスが曇っているためだろうと両面を布で良くぬぐいました。

気になったのは、布に汚れが付かなかったことです。



12040411 まあ、とにかく、パネルを組み付けます。

当然、テープは元通りにならないので、適当に貼り戻します。






12040412 全体を組み直して、電源を入れます。

「ジャーン」の音とともにアップルマーク。

「がーん。全然直ってないじゃん!!」

と言うことで、あの苦労は何だったんでしょう。この曇りは液晶内部のものなのでしょうか? それとも、強力な洗剤が必要なのでしょうか?

おまけに、冷却ファンが高速で回りっぱなしでうるさいこと。

また、分解かあ・・・。

| | コメント (0)

2012年3月 5日 (月)

Mac miniのSSD化

MacssdiMacのOSをLionにしたところ、もっさり感が出てどうしようかと思っていました。

結局、最新のMac miniの最低グレード整備済み品を買ってメインマシンにしました。iMacより動きはいいのですが立ち上がるのに1分くらいかかります。

折しも、180GBのSSDが2万円以下であったのでゲットしてMac miniのHDDと交換することにしました。

換装方法はブログを検索すると色々出てきますので省略します。

それから先が結構はまったので、覚えとして書いておきます。

まず、マザーボードへのコネクタが小さく(5mm四方くらい)て外れやすいので注意。
(SSDを認識しないので悩んでいたらコネクタが外れていた)

電源投入後 command+R を押す。

Mac OS インストーラが起動するので「ディスクユーティリティ」を選んでSSDをフォーマット
する。GUIDパーティションテーブル、Mac OS 拡張(ジャーナリング)を選択。

何故かBluetoothマウスを認識しないのでUSBマウスを使用。

フォーマットが終わったら、「Mac OS を再インストール」を選択(「Time Machine バックアップから復元」を選ぶといつまで経っても終わらないので選択しない)。

Lionのインストールが終了したらOS上のTime Machineを使って、元の状態に戻す(バックアップを取って置いた外付けHDDを接続)。

これで、OKのはずなのですが、何故かネットワークだけは再設定が必要でした。

以上です。

で、XBENCHでディスクの速度を測ってみました。

まずは、iMacのSeagateの5インチ7200回転HDDのものです。

    Disk Test    61.70   
        Sequential    140.30   
            Uncached Write    155.29    95.35 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    158.96    89.94 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    96.44    28.22 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    184.78    92.87 MB/sec [256K blocks]
        Random    39.55   
            Uncached Write    13.36    1.41 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    138.62    44.38 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    81.90    0.58 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    145.62    27.02 MB/sec [256K blocks]

SDD化したMac miniです。

    Disk Test    367.61   
        Sequential    218.99   
            Uncached Write    508.22    312.04 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    339.13    191.88 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    95.26    27.88 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    350.68    176.25 MB/sec [256K blocks]
        Random    1143.96   
            Uncached Write    2084.35    220.65 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    655.35    209.80 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    2689.55    19.06 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    893.53    165.80 MB/sec [256K blocks]

シーケンシャルの4Kデータ以外はかなり速いです。立ち上がり時間は半分の30秒くらいになりました。180GBというサイズは、デジカメ画像や動画を外付けHDDに入れれば余裕です。

当分はこれで行きます。新しいiMacが出たら気が変わるかも知れませんが・・・。

| | コメント (2)

2011年10月26日 (水)

非生産的週末

東京の人混みで風邪菌をもらったらしく、戻ってきてから喉の痛みから咳に移行していました。体調は悪くないのですが、これ以上咳がこじれると大変なので、週末のカヤックはお休みにしました。

それで、iMacのトラブルの修復を行いました。以下は、Windowsの方は役に立たない話ですので、パスしていただいても結構です。まあ、自分の覚えも兼ねて書いてみます。

Icloud Appleから鳴り物入りでiCloudが発表されたので、iPad2もあるし、私も導入してみようと思いました。

iCloudは手持ちのMacやiPhone、iPadをAppleにあるクラウドで自動で同期できるシステムです。




Snow_leopard これをインストールするためには、MacのOSがLion(OS X 10.7)である必要があります。

現在はSnow Leopard(OS X 10.6)なので、App Storeからダウンロードしてインストールします。






Lion Lionをインストールする過程でiCloudも使えるようになりました。

しかし、 CPUがCore2Duoであるせいか、動きがモッサリしています。また、使えなくなったソフトも結構ありました。

Lionは仮想化マシンソフトで使用することを思いつき、Parallelsを導入しLionのバックアップをとりました。

 

Timemachine_2 OS XにはTime Machineという機能があって、定期的にバックアップを取っていてくれるので、これを利用してSnow Leopardに戻そうとしました。

ところが、遡れる最短のデータが6月しかありません。面倒くさいのでそこまで戻ることにしました。長時間HDDでカリカリやって終了しました。

Leopard_2
遡りすぎたのでOSがLeopard(OS X 10.5)になってしまいましたが、動きも快調です。

で、6〜10月のデータを取り戻そうとTime Machineの中を覗いてみたところデータがないのです。

顔面蒼白になり、ネットで調べてみると「Time Machineの再構築」を実行してデータが復活したというのがあったのでそれを行うとデータが見えました。

手動でアプリケーション、メールデータ、デジカメ画像、iTunesデータ、書類等をチマチマ移動させて何とか元に戻りました(多分)。

Parallels で、Lionのバックアップがどこかに行ってしまったのですが、ひょんなことから外付けHDDにるのを見つけ使えるようになりました。

これからは古いLeopardメインに使っていくつもりです。仮想化したLionって遅すぎて使い物にならないんです。

何かLion専用マシンも欲しくなってきたなあ・・・。

| | コメント (0)

2011年6月22日 (水)

iMac騒動

11061401私のメインマシンであるiMacがずーっと異音を発していたので、ついに我慢できず分解点検を行なって、すっかりはまりました。

電源を入れると同時に「シャー」っと大きな音がしてその後、止めるまで「シャラシャラ」音が続きます。

最初はHDかと思って不安になったのですが、内蔵ファンのセンが濃厚で、重い腰を上げて分解点検&掃除にトライしました。

まず、吸盤を使って液晶画面のガラスを外します。

11061402 次に、ネジをはずしてパネルを取り外します。このネジがトルクスネジという特殊なもので、レンチをAmazonnで購入しました。






11061403 コネクタ類をはずして、液晶パネルを外します。けっこう華奢で気を遣います。

ここで、電源を入れて音を確かめます。

状況を動画にしましたので見て下さい。雑音が多いですが、電源を入れた時の「ジャーン」にかぶって「シャー」が聞こえると思います。





11061404 耳を当てて異音の出所を探したのですが、少なくともファンではなく、HD付近から出ているようです。

と言うことは、HDを交換しなければならないのですが、当然交換用のHDは用意していません。

ここまでバラして元に戻すのは空しいので、外付けHDの中身を取り出し、iMacに移植することにしました。

11061405同時に別の外付けHDでTime Machineによるバックアップを取ります。

320GBが500GBにアップグレードされました。2TBの時代に空しいアップグレードです。

いいかげん疲れてます。

 

 

11061406何とか復旧して、電源を入れて見ます。

「ジャーン」、そして、、、、、「シャー」。

全然変わってないじゃん・・・。

どっと疲れて、「HDのアップグレード」を終了しました。

これには後日談がありまして、今は異音がしていません。異音源が直ったのか壊れたのか・・・。



| | コメント (0)

2011年4月14日 (木)

戸倉峠未成隧道 (後編)

11041314続きです。

トンネル脇を登ると、砂防ダムが現れます。砂防ダムには急斜面がつきもので、雪で滑りながら登ります。

辛い。ここまで頑張る必要があるのか・・・。



11041315 砂防ダムの上にトンネル状のものが見えてきますが、これは暗渠で1m径くらいのコンクリートパイプです。

雪解け水が結構流れています。落ちないようにさらに登ります。




11041317やっと、平場に到着です。

しかし、正面は沢で水が流れているだけです。未成隧道は何処?









11041316 平場は道の跡でこの先にあるかと進んだのですが、何もありません。

反対側は林になっており、「探索もここまでか。まあ、戸倉隧道が見られたからいいか」と諦め気分になって来ました。




11041318 ただ、反対側は木が生えていますが平場であり、道だった様にも見えます。

取りあえず進んで、無かったら諦めようとと思いながら疲れ切った足で歩き始めました。




11041319 ジャーン! ありました!! 

未成隧道です。雪に半分以上埋もれています。この隧道の詳しい話は長くなりますのここでは省略します。

ただし、これ以上は進みませんでした。



11041320 この中がどうなっているかは、「日本の廃道」で良くわかっていることもありますが、周辺には鹿の足跡が沢山あり、上の方から鹿の威嚇するような鳴き声が響いてきたのです。

もしかしたら鹿のねぐらになっているのかなと思いながら戻りました。トンネルを外から見られただけで満足です。


11041322_2 木につかまりながら下ります。

戸倉隧道と建物が見えてきました。でも、ここから先が長いんですよ。






11041323 自分の足跡と鹿の足跡が並ぶシュールな景色が続きます。

まあ、下りの分、往路よりは心持ち楽です。









11041324 やっと、舗装道路に出てきました。

隧道は正面の杉をさらにずっと登ったところです。

この時期に来るのはちょっ無理がありました。行くなら雪のなくなるゴールデンウィーク以降がお勧めです。

今行けば、私の苦渋の足跡が楽しめるかも・・・。

| | コメント (0)